誰でも一級建築士試験に確実に合格できる方法

平成29年一級建築士試験に合格した僕が、確実に合格する方法を紹介します。

一級建築士試験で必要な作図力とは

f:id:k-minex:20180218004921j:plain

設計製図試験6.5時間のうち、約半分は作図にかける時間です。

今回はそんな重要な作図力の正しい伸ばし方、合格するために必要な作図力とはどんなものかを紹介します。

 

 

受験生全体の作図力のレベルは?どこまで練習すればいいの?

作図力は、練習した分上達します。

また、良し悪しが誰の目にもわかりやすいため、資格学校は授業のスタートからかなり力を入れて指導します。

受験生のうち半分以上の人が資格学校に通っている昨今、受験生全体のレベルはかなり高くなっています。

 

ただ、闇雲に作図の練習をしていては、肝心のプランニングやエスキスの練習をする時間が削られてしまいます。

時間のかかる作図の練習は、効率的に・明確な目標を持ってするようにしましょう。

 

合格に必要なのは「速さ」「分かりやすさ」「正確さ」

合格する為に必要な作図力とは、「速さ」「わかりやすさ」「正確さ」の3つです。

 

・速さ

初めて描く図面で1枚3時間以内。一度書いたことのある図面は1枚2時間半以内で描けるようになってください。

トレースでも自分で考えたプランでも1枚3時間以内を目指しましょう。

1枚3時間をコンスタントに切ることができれば、それ以上の速さは要りません。

3時間で描く図面のクオリティを上げるよう頑張ってください。

 

・分かりやすさ

図面のクオリティで大切なのは綺麗さやかっこよさよりも、分かりやすさです。

 要求されているのは芸術的な絵や見た目がカッコいい図面ではありません。図面は絵ではなく、自分のプランを試験官に伝えるための手段です。

一目見ただけでわかる図面が理想的な図面です。

ここはどんな部屋なのか、この線は壁なのか窓なのか、外部なのか内部なのか等、一目見ただけでわかるようにしてください。

分かりやすさを決定づけるのは、線の濃さ文字の読みやすさです。

線の引き方と文字の書き方については、後々個別記事を作りますので、お楽しみに。

 

・正確さ

 上でも言いましたが、図面はあなたのプランを試験官に伝える手段です。

 自分の計画した通りに図面を書かなければ、試験官にはそのまま伝わってしまいます。

 記入間違いや記入漏れはもってのほかですが、注意してほしいのが、机や椅子などの什器の「スケール感」です。描いている机はどれくらいの大きさなのか。多少線がぐにゃぐにゃでも、机や椅子の大きさを正しく描くことが大切です。

机や椅子の大きさは、レストランや事務室などで実物をたくさん見てスケール感を養うのが一番確実ですが、コンパクト設計資料集成などで手っ取り早く調べるのも手です。

 

まとめ

資格学校で様々な作図のしきたりを教わると思いますが、ほとんど必要ないテクニックです。外構や植栽にこだわったり、駐車場の中に車を書いたりはしなくても大丈夫です。

私が総合資格に通っているとき、先生がこう言いました。

「作図が微妙だとプラン完璧でも落ちるけど、プランが微妙でも作図が完璧なら受かるよ。

パッと見の第一印象が勝負だから。」

こんなことは絶対にないです。

確かに、汚い図面は印象が悪いです。採点官も厳しく見ることがあるかと思います。

ただ、図面が綺麗であればそれだけで悪いプランがいいプランになることはありません。作図の練習は最低限にして、プランニング・エスキスの勉強をしっかりしましょう。

 

作図のヒントは標準解答例にある。

過去の標準解答例をよく見てください。年によって表現は異なりますが、これが合格図面の表現というのがわかるはずです。植栽、駐車場、外交など、表現の参考にしましょう。

下記のリンクから、過去3年間分の標準解答例を見ることができます。よく見ればみるほど、どのような表現が正しいのか、よくわかるはずです。

一級建築士試験 試験問題等 建築技術教育普及センターホームページ