誰でも一級建築士試験に確実に合格できる方法

平成29年一級建築士試験に合格した僕が、確実に合格する方法を紹介します。

一級建築士設計製図試験に合格するために必要な「3つの力」

f:id:k-minex:20180211224528j:plain

設計製図試験に合格するためには次の3つの力が必要です。

・課題文を正確に読み取り、情報を整理する力 →「読み取り力」

・課題文に沿った建物を、建築的常識に則り組み立てる力 →「建築的構成力」

・組み立てた計画を正確に作図し、記述により伝える力 →「作図・記述力」

この3つを身につければ、合格できます。

 

一級建築士試験に合格して改めて整理すると、この3つに集約できるという結論に至りました。

 

試験時間の6時間半で、

「問題文を正確に読み取り、情報を整理し」

「要求事項を満たす建物を組み立て」

「正確に図面を書き上げる」

ことができれば合格するということです。

 

 

3つの力については、次回以降それぞれ個別に紹介していきます。

 

<次回予告>

もっとも重要な「読み取り力」について、解説します。

なぜ読み取り力が一番重要なのか?

試験問題を読み落とさない、確実な読み取り力を身につけるには?

 ※次回の記事はこちら↓

minepon.hatenablog.com