誰でも一級建築士試験に確実に合格できる方法

平成29年一級建築士試験に合格した僕が、確実に合格する方法を紹介します。

読み取り・エスキス講座

設計製図の中で、読み取り・エスキスについての記事です。

設計製図試験でも過去問は超重要!製図試験の過去問勉強法!

僕が3年目に通っていた教室で、教務の担当者が言いました。 「設計製図試験は本番の対応力を付けるために、より多くの実践形式の課題演習をやった方がいいです。 過去問はあまり役に立ちません」 これは全くの間違いです。 設計製図試験こそ過去問をしっかり…

資格学校を妄信すると痛い目にあう理由【設計製図】

僕は3年総合資格学院に通い、3回目にして製図合格しました。 がっつり資格学校に授業料を払った私が言うのもどうかと思いますが、資格学校のことをただ妄信して、自分では全く情報収集していないようでは、製図試験で落ちます。 学科に関しては、総合資格…

最近の一級建築士設計製図試験は何が変わったのか

今回は僕の私的な意見や感想を多分に含むため、注意して読んでいただけるとありがたいです。 ここ数年で、一級建築士試験は大きく様変わりしています。 総合資格学院など、資格学校ではその変化に対応しようとカリキュラムやノウハウの大幅な見直しを去年か…

設計製図試験に合格する為に知らなければならない「建築の常識」とは(1)【建築計画編】

一級建築士の設計製図試験では、課題文に書かれている条件以外に、 課題文に書かれない「建築的常識=暗黙のルール」がウエイトの高い採点項目となっていることは、先の記事で書いた通りです。 建築計画・構造計画・設備計画の分野でそれぞれ建築的常識があ…

「健康づくりのためのスポーツ施設」平成30年度一級建築士設計製図試験を徹底解説!(予想)

大変長らくブログ更新をさぼってしまい、申し訳ありません! 平成30年度の課題が発表され、こうしちゃいられないと戻ってまいりました。 一級建築士設計製図受験生の皆さんのために、できる限りの情報を継続的に提供していきます。 それでは早速、試験元の発…

なぜ課題文の条件を守っていても不合格となるのか

一級建築士設計製図試験では、 「課題文の条件を守って、ミスのない図面を作ったのに不合格だった」 ということがよくあります。 どうしてこんなことが起こるのでしょうか? 実は、ここにもっとも重要な設計製図試験のポイントが潜んでいます。 設計製図試験…

一級建築士設計製図試験の課題文を正しく読むための5ステップ

一級建築士設計製図試験の第一歩として、課題文を正しく読むことが重要です。 課題文は漫然と読んでは行けません。 いかに短時間で正確に読み込めるかが重要になって来ます。 今回は、課題文の正しい読み方を学んでいきましょう。 Step1:課題文の全体構成を…